日本の役場で手続きする場合

 日本人同士の結婚であれば、最寄りの市役所に婚姻届けを提出すれば手続きは完了となりますが、国際結婚の場合ですと、日本と相手国に婚姻届を提出する必要がございます。

日本人同士なら互いの戸籍を閲覧すれば配偶者同士の年齢や現在独身であることや離婚してからどれくらい期間が経過したのか過去の離婚歴はどうなのか?を確認する事が出来ます。

 

それらに引き直すと、外国人様に関しては戸籍がないのでそうはいきません。そのことは戸籍課担当職員に関しても同じことが言えます。相手方の国が中国・韓国・台湾・フィリピン・アメリカなどであれば、多くの市役所等で過去に婚姻届を受理した事例があるため比較的スムーズに手続きを進めてもらえることが多いかと思いますが、人口の少ない市町村や国際結婚の事例が少ない市町村では国際結婚に必要な書類の案内を受けるだけでもかなりの時間待たされる可能性があります。

 

日本の市役所等で婚姻届を提出する場合の一般的な必要書類は次のとおりです。

 

・婚姻届

 

・婚姻要件具備証明書(独身証明書)※相手の国が発行

 

・相手国での婚姻届(相手の国で先に婚姻手続きをした場合)

 

・相手方のパスポート

 

・戸籍謄本

 

※市区町村によっては追加で資料提出を求められる場合がありますので必ず事前に確認しましょう。

市役所・区役所へ事前に確認する。

 婚姻届を提出に行く前に次の事項を役所へ確認とりましょう。

 

・外国人側で用意する書類とは何か?(原本なのかコピーでいいのか)

 

・外国人側で用意する書類に大使館の認証が必要か?

 

・翻訳者の方の情報は必要か?(翻訳日、翻訳者氏名、住所等々)

 

・翻訳者の氏名は署名(直筆)である必要があるのかないのか?

 

・原本提出できない場合の資料等書類についての取扱いはどうなのか。(中国の結婚証明書など)

外国への手続

外国(相手方の国)での手続は国によって様々です。双方のパスポートだけ役所に持っていけばその場で婚姻が完了する国もあれば二人の結婚について反対意見がないかどうか確認がある国などもあります。また、宗教によって婚姻手続きが違う国もあります。

 

事前に下記の方法で確認しましょう。

 

・日本にある相手国の大使館で確認

 

・相手に確認してもらう

 

・相手の親族に確認してもらう

確認しておきたい事項について

相手国の手続を行うまでに次のことを確認しましょう。

 

・日本側で用意する書類(戸籍、婚姻要件具備証明書以外に必要な書類はあるのかないのか)

 

・日本の書類に大使館からの認証は必要なのか?

 

・翻訳者の情報は何が必要なのか?

 

・翻訳者の署名は必要なのか?

 

・書類は原本が必要なのか?