国際結婚する場合の流れ

 国際結婚の手続はビザ取得代行サービスにお任せください!

 当サービスでは結婚のための短期滞在ビザ手続きからはじめ、短期から日本人配偶者のビザ変更手続きも可能となっています。最近ではインターネットを通じて知り合い国際結婚をするケースが多くみうけられます。国際結婚後に日本で生活するためには「日本人配偶者等」のビザが必要となります。ビザ取得代行サービスでは、国際結婚をお考えの方を対象に、日本で結婚生活を営む方の婚姻届提出からビザの申請まで一括してサポートさせていただいています。

 

まずはお気軽にご相談ください。

事前準備として

 まずは、配偶者を日本へ呼ぶための手続きが必要となります。配偶者が査証免除措置国の外国人様方であれば短期滞在ビザの申請は不要となります。ただし、査証免除の場合は滞在期間に制限がございますので、それ以上の日数を日本で過ごす場合、事前に短期滞在の査証手続きが必要となります。

 

査証免除措置国はこちらを参考にお願いします→https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/novisa.html

①市役所・区役所への婚姻届の提出

 国際結婚の第一歩は婚姻届の提出です。

婚姻届はお住まいの市役所又は区役所の戸籍課へ提出を行います。国際結婚の場合は配偶者の婚姻要件具備証明書の提出が必要となります。婚姻要件具備証明書とは国際結婚をする当事者が、本国の法律上、婚姻することができることを証明する書類です。証明書は相手の国若しくは日本領事館なり大使館で発行してもらえます。

 

日本で先に婚姻届けを提出する場合は、相手方の証明書が必要となり、相手方の国で先に婚姻届けを提出する場合はあなた(日本人)の婚姻要件具備証明書の提出が必要となります。

 

→※詳細についてはこちらをクリック

②相手方の領事館、大使館へ婚姻届けの提出

 日本国内での婚姻手続きが完了したら、次は相手方の国でも同じ手続きを行います。本来であれば相手国の役所に提出を行わなければなりませんが、相手方国の日本領事館、大使館でも手続きが可能となります。市役所・区役所等で発行してもらった婚姻届けの控えをもって相手方領事館へ申請に行きましょう。なお、相手国の領事館・大使館に行く前には、必ず必要書類の確認を行いましょう。日本の役所のように親切丁寧な対応は期待できない場合もありますので注意が必要です。

③入国管理局へ申請段階

 国内・国外での手続きが完了した後は入国管理局へ「日本人配偶者等」のビザ申請を行うことになります。

なお、入国管理局から許可をもらえないケースだと、たとえ国際結婚の手続を行ったとしても貴方様貴女様の配偶者は日本で生活することができません。したがって、入国管理局での申請が一番重要となります。前記で準備した書類や理由書を添付して申請を行います。理由書へは、出会った経緯や今後の生活等を詳細に記載する必要があります。年齢が離れている場合や交際期間が短い場合や結婚相談所等を通して知り合った場合などは理由書がとても重要となります。

 

ビザ取得代行サービスでは国際結婚の手続実績が多数あります。一度不許可になった事案を再申請し許可になった事例もあります。

 

国際結婚をお考えの方はまずはお気軽にご相談ください。